WS 2B 47期グループ展終了しました

wpid-dsc06643-01-01.jpeg

11月8日(日)にて6日間のグループ展が無事に終了しました。
こんなところでお礼を書いてもとおもいますが、ご来場頂いた方々、本当にありがとうございました。

2Bグループ展としてはルデコを利用するのは今回が最後ということおあり、関係者が凄い盛り上がりだった気がします。
次回は来年5月頃に49期、50期の展示で、場所は京橋のギャラリーになるとのことです。

さて、展示も終わったので、今回の展示風景です。
全紙のプリントを14枚を広い壁を使って展示させて頂きました。ちょっとグループ展の割に贅沢に場所を使わせて貰ったかなと思っています。

展示をしたのは、今年の夏に撮影をした三浦の景色です。
至って普通の景色ですが、できるだけ客観的に撮影することで見えてくるものがあったと思っています。
一見、撮る方としても見る方としても、日常すぎる写真でつまらない写真なんじゃないかなと思っていましたが、ある程度の量を見てもらうことにより、その印象が大きく変わりことを今回の展示で感じました。

で、撤収後の白壁です。(定番ですね)
今回は準備期間も長かったこともあり、いつもよりだいぶ感慨深い撤収となってしまいました。

wpid-dsc06685_1-01.jpeg

最後に、このグループ展は写真家渡部さとるさんのWorkshopの修了展ということで、各フロアの展示から渡部さとる賞を選ぶのが恒例になっているのですが、2F 47期の展示からは私の作品を賞に選んで頂きました。写真制作を長く続けているとだんだんと不安になることも多いので、今回の結果はそういう時に自分をとどめておく1つの理由になるぐらいの意味があるかなと思います。なんにせよ、また少し制作を続けていきたいと思いました。

次の展示は御苗場になるかなと思っています。今回と同じ写真を展示してまた違う人にみて頂くことで色々な意見を頂くことが出来ればと思います。

wpid-img_20151108_225453-01.jpeg

カテゴリー: exhibition パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です